ライティングスキル,

ライティングスキル:読者さんが読み進めやすい文書構成


ライティングスキルを磨くために日々検証しています。

インターネットを活用したビジネスモデルには、説得力のある文書が書けるライティング・スキルは欠かせないですからね。

文書一つで見込み客をお客さんにシフトできます。

このサイトを運営する大きな目的の一つも、文書を書くことでライティングスキルを上達させることです。

 

早速ですが、僕が運営するメルマガを通して、読者さんがどの文書を好み、どのように読み進めているのか検証しています。模索しながら、色んなライティングスキルを試しています。

 

その中で、読者さんから非常に多くの反応がありました、文書構成を一つ紹介します。

実際の例を挙げて紹介しようと思います。

 

そのメールの内容はこちらです。

 

メール

—————————-

 

昨晩、最高に気持ちよかったです。

やっとかゆい所に手が届いたんです。

 

僕のベスト映画は、フォレストガンプなんですが、一つだけ痒さが残るシーンがある。

 

フォレストガンプがベトナム戦争反対集会でスピーチする時、マイクの線を抜かれ、演説が聞こえなくなるシーンです。

何を言ったんだろうと思い出すだけで痒い感じでしたが、笑

昨晩偶然分かったんですよ。

 

台本として演説の内容がちゃんとあるとトムハンクスが明かしてくれた海外サイトを発見しました。

 

原本はこれです。

“Sometimes when people go to Vietnam, they go home to their mommas without any legs. Sometimes they don’t go home at all. That’s a bad thing. That’s all I have to say about that.”

 

翻訳してみたんですがこんな事を言っていました。

 

“ベトナムに向かう人々は、時に足を失くしてお母ちゃんに再会することになったり、時に家に生涯帰れなくなったりする。これは悪いこと。僕が言いたいのはこれだけです。”

 

こんなことを言っていたのか、やっと痒い所に手が届いた感じしましたよ。笑

 

さすが、フォレストガンプ。

シンプルイズベストの象徴。シンプルだが、深いです。

 

 

今日の本題は、ここからです。

今日は、久々にメンタリズムらしいメールになったと思います。

 

というのは、今日はある実験の結果報告です。

メインは、映画の話ではありません。

 

実は、読者さんがどのように読み進めているのか日々研究しています。

で、こんな感じの構成で文書書けば、読者さんに読みやすく面白味のある展開になっているのかなと思いました。

 

好奇心、意外性、共感を交互に入れたメールに皆さんの反応が非常によかったです。

好かれる文書

今日のメールの場合は、まず、タイトルと最初の2行で人が持つ習慣と思い込みを活用して好奇心を沸き立たせる工夫をしています。

 

夜、気持ちよったという話になれば殆どの大人の想像する所は同じです。

 

薄々疑問を持ちながらここで、そんな話?だと好奇心が沸くはずです。

次読みたいと思ったはずです。

 

 

そこから、いきなりベスト映画がフォレストガンプの話です。

 

ここで、想像と違う展開になるので意外性を感じる。

あれ、そんな話違うのか、何の話なのかと刺激されるはずです。

 

フォレストガンプの話なので、好奇心持ちながら確かにいい映画だなと共感する。

 

フォレストガンプのファン多いからね。ここで、次読みたいと思ったはずです。

 

そして、誰もが知りたかったであろう不明に終わるシーンの話を入れることで知りたい心をくすぐる。

また、好奇心が沸くはずです。

 

聞こえなかったシーンは聞きたい、何を言ったのか知りたいと思いますよね。

 

そして、トムハンクスの発言を海外のサイトからそのまま引用すると説得力が上がるはずです。トムハンクス本人の発言なので意外な感じもするはずです。

 

ここに一つ工夫を入れます。

 

英語の原本をそのまま入れる事で日本語が読みたい、正しく知りたいとまた好奇心が沸くはずです。

 

ここまで来たら、日本語読みたいよね。

 

そして、翻訳を入れることで満足するが、大した言葉を言ってないのでちょっとガッカリするはずです。

良いことを言うだろうと期待しただけに中途半端な気持ちになるので結論が知りたいと思うはずです。

 

それが、さすがフォレストガンプの文書に繋がり共感を呼んで文書を終わらせました。

 

一回ガッカリするが、あっ、フォレストガンプは確かに単純でこんな人だったなと共感するはずです。

 

で、最後に自分の創造力を働かせて戦争に対する自分の気持ちを再確認して気持ちよく読み終わるはずです。

 

最後まで読みたい気分を誘えられたか若干心配ですが、笑

皆さんの反応をみているので確かな手応えがあります。

 

最後まで読みたい文書が書けたかな?

 

読みやすい文書だったと思ったら、クリックお願いします。

[リンク]

—————————-

メールはここで終わっています。

 

メルマガの読者さんの反応を見ると確かにメールの最後の文書まで読み進めている。

結論としての一言になるが、メールやブログ投稿は、好奇心、意外性、共感の要素を含めて書けば反応がいいことが分かりました。

 


One thought to “ライティングスキル:読者さんが読み進めやすい文書構成”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です